日本全国のヨガ・ピラティス費用比較まとめサイト

ヨガでお腹痩せ!下っ腹ぽっこり解消する方法をヨガ講師が徹底解説

ヨガでお腹痩せ!下っ腹ぽっこり解消する方法をヨガ講師が徹底解説お腹ぽっこり。声に出すと可愛いけど、見るとぜんぜん可愛くないし、お腹が出ていたらおしゃれも楽しめないですよね。鏡を見たら毎回ため息が出るという方もいるでしょう。

実は、お腹はダイエットのお悩みパーツ上位に上がる部分なんです。私自身、ヨガを始めた当初8キロのダイエットに成功し、お腹痩せをした経験者です!しかも、ただ痩せるだけでなく、メリハリのある身体と筋力も得る事ができました!

今回は永遠の悩み、お腹痩せ!をヨガで実現する方法、なぜヨガが良いのか!を自身の経験からご紹介しますね。

ライター紹介ヨガ指導歴13年目のヨガ・ピラティスインストラクター。自身の練習はアシュタンガヴィンヤサヨガを主としながら、指導は若い方からシニア層まで年齢性別問わず様々なクラスを持つ。スタジオ経営やヨガ指導者育成を経て、現在はフリーランスで活動中。

こちらの記事も良く見られていますヨガの効果|ヨガを始める前に知っておきたい3つの重要事項とは? これからヨガをやってみたいと思う全ての女性・男性に向けて「知っておきたい...続きを読む

お腹ぽっこりの原因は?

まず、肝心のお腹ぽっこりになってしまう原因は次の2つです!

  • 食べ過ぎや運動不足による皮下(内蔵)脂肪の増加
  • 内蔵を支える筋力の低下

ドキッとした方、思い当たることがあるという方も、多いのではないでしょうか。特に、女性は筋力の低下によるぽっこりに要注意なんです。それぞれの原因について見ていきましょう。

お腹ぽっこりの原因① 食べ過ぎや運動不足による皮下(内蔵)脂肪の増加

ほとんどの方の原因として挙げるのが、皮下脂肪の増加です。お腹は、非常に脂肪が付きやすいパーツといえます。皮下脂肪はお腹やおへそ周りの、ガシッとつかめる、おしゃれのときにも気になるだらしないお肉のことです。

お腹が太る原因としては、食べ過ぎや運動不足、冷えなどによって脂肪はどんどん蓄えられていくケース。しかも、年齢と共に基礎代謝は下がる一方なので、「昔は痩せてたのに」という方も多いはずです。ご飯を食べる量自体は変わらないけど(むしろ増えたり。笑)、消費カロリーは年々下がり、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが悪くなり、若い頃と違ってなかなかお腹の脂肪が落ちない悪循環に入ります。こうした脂肪の話については誰もがウンウン、と深く頷く事になると思います。さらに注目は、次の筋力低下についてのことです。

お腹ぽっこりの原因② 内蔵を支える筋力の低下

特に女性のお腹ぽっこりの原因で多いのが筋力の低下です。どういうことかというと、本来ならば筋力で支えられている内臓達を筋力の低下で支える事ができなくなり、お腹がぽっこり出てしまうんです。加えて、お腹の筋肉が弱まったスペースには、さらなる脂肪が入り込みやすい悪循環に入ります(涙涙)もともと筋力が弱い女性は、この筋力低下の原因が非常に大きく関係しています。

内蔵を支える筋力が低下すると、当然骨も支えられなくなり、正しい姿勢が崩れます。姿勢が崩れると、また脂肪が付きやすい悪循環。そして!お腹ぽっこりだけでなく、腰痛や肩こり、膝痛、頭痛やむくみ、腸の不調など、身体のあらゆる健康を損ねることになります。怖いですよね…!

そしてヨガはこの筋力低下を防ぐ効果を発揮してくれるんです。では、早速その解消法を見ていきましょう!

【おすすめの人気ヨガスタジオ】

LAVA公式サイトを見てみる全国に430店舗以上展開するLAVAは、「外見だけではない、内面の美しさ」を磨き、豊かな日々を送ってほしいという願いから、2004年に誕生しました。ヒーターと加湿器で暖められた室内は室温35〜40度、湿度50〜60%に設定され、全店舗共通で全レッスン内容と時間が統一されていることが特徴です。

ホットヨガのカルド公式サイトを見てみる全国に63店舗以上展開するホットヨガ カルド、今一番ホットヨガ業界で注目のスタジオではないでしょうか。カルドのホットヨガは、室温35~40℃、湿度55%、銀イオンスチームと遠赤外線床暖房でスタジオを暖めています。予約が必要なスタジオがほとんどの中、カルドでは全レッスン予約不要です。

ヨガで筋肉をつけてお腹痩せ!下っ腹ぽっこり解消方法!

ヨガに取り組んで、弱った筋肉を取り戻す方法をご紹介します。適度な筋肉がつくと、痩せるだけでなく健康を維持しやすくおしゃれも決まるなど、うれしい効果がいっぱいあります。

ヨガでインナーマッスルを鍛え、お腹痩せ!


お腹の筋力低下、と聞くと。すぐに腹筋運動を始めたあなた。それ残念ながら効果はあまり期待できないのです。もちろん効果が無いわけではないと思うのですが、一般的に皆さんが想像する腹筋運動で鍛えているのは腹直筋というアウターマッスルと呼ばれる部位です(6パック筋)。先程書いた内蔵を支える筋肉は、インナーマッスルの腹横筋(表面では確認できない筋肉)という筋肉にあたるので、そもそも狙う筋肉が違うのです。

言い換えるなら、アウターマッスルは身体を動かす筋肉、インナーマッスルは身体を支える筋肉と考えると分かりやすいですね。

ヨガは、このインナーマッスルに効果を発揮してくれます。姿勢(背骨)を正しくポーズを取ること。深くゆっくりした呼吸を意識する事。これらのヨガの方法がお腹のインナーマッスルに良く効いてくれます。インナーマッスルの腹横筋を鍛えるのにとくにオススメしたいポイントが、次の2つです。

  • 胸式呼吸を意識してポーズを決める
  • バランスポーズを活用し、インナーマッスルを狙う

パワーヨガ系、アシュタンガヴィンヤサヨガ等のアクティブなヨガクラスは、インナーマッスルを鍛えやすいのでオススメです。運動量とポーズはちょっとハードですが、健康とおしゃれを楽しむためにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ヨガで骨盤を整えて、お腹痩せ!

骨盤調整ダイエットなんて言葉聞いたことありますよね?腹筋が弱まり内蔵の位置が下がったり、姿勢が崩れてしまうと、当然影響が出てくるのが骨盤です。『骨盤のゆがみ』もその一つ。骨盤のゆがみを解消すると、次のような効果が期待できます。

  • 腰回りの脂肪がより簡単に落ちる
  • ウェストの引き締まり効果が期待できる
  • 下っ腹痩せに効果的
  • 美脚、美尻を実現できる
  • 腸の位置が正常に戻り、便秘が解消する

良いことずくしですよね!骨盤調整を行う方法は、太もも・お尻周りのストレッチや股関節周りをほぐす事が効果的です。なぜなら、ヨガの様々なポーズを取る為には、必然的にこれらが必要となるためです。骨盤調整の回数を重ねるごとに、太ももやお尻周りの柔軟性が上がり、股関節の可動域も広がってきます。ヨガを続けることで、自然と整った骨盤を作り上げてくれるんです。転んだときにケガしにくいなど、健康面でも効果が大きいですよ。

最近では、骨盤調整に特化したヨガクラスも多く開講されていますので、興味がある方はぜひ参加してみましょう!

ヨガの有酸素運動を取り入れて、お腹痩せ!

すでにお腹に付いてしまった皮下脂肪には、有酸素運動が大切となります。なぜなら、有酸素運動は脂肪の燃焼効果が高いためです。

有酸素運動の代表的なものといえば、ランニングや水泳を思い浮かべる方も多いでしょうが、実はヨガも有酸素運動として活用できるんですよ!深くゆっくりとした呼吸で酸素をしっかり取り込みながら行うヨガは、有酸素運動の仲間になります。

ヨガのクラスに行ってみると、徐々に呼吸で身体が温かくなってくるのを感じる事ができると思います。呼吸により身体の内側からの熱を作り出し、身体をクレンジングしてくれているイメージです。

でも呼吸をしてるだけでは、なかなか脂肪は燃えません。すぐに効果を実感したい方は、より運動量のあるアクティブなヨガクラスに参加する様にしましょう。各スタジオでは、運動量の目安になる表などがあると思いますので、お腹痩せを目指したいなら少し頑張って運動量のあるヨガクラスに参加しましょう!

ちなみに、少し話はそれますが無酸素運動は筋肉量を増やすのに効果的な運動とされてます。筋肉量が増えると基礎代謝が上がる効果があります。同じ動きをして筋肉量が多い方がよりたくさん脂肪を燃やしてくれるのです。ヨガとトレーニングを合わせながら行うとお腹ぽっこり皮下脂肪には効果UPなのでおすすめです!

ヨガを続けながらの我慢しすぎない食事制限で、お腹痩せ!

痩せるためには、もちろん食事をコントロールすることも大切です。もう一度、ヨガの効果を振り返ってみましょう。

  • ヨガでインナーマッスルを鍛えて美姿勢お腹痩せ
  • ヨガで骨盤を整えて、下っ腹すっきりお腹痩せ
  • ヨガの有酸素運動で、お腹皮下脂肪燃焼

このようにお話してきました。ただし、食べる量や質が変わらないと元も子もないですよね。実はヨガを勧めていたのは食事も関係があり、なんと自然と食欲が抑えられるんです。

その理由は、ヨガは本来瞑想から来ていて、ココロに大きく影響を与えてくれるという効果があるためです。暴飲暴食や、甘いものを過度に摂取してしまったりする時って、ストレスが溜まってる時によくありませんか?日頃のうっぷんを晴らす為に食に走ってしまうことがいい例ですね。

ヨガをした後のココロの安定や、落ち着いた感覚はたった一度のヨガ教室体験でも必ず体感できます。ヨガはストレス軽減にとっても!とっても良いです!ココロが安定すると、我慢しなくても、食べる量、食べたい物、食べたい時間、自然と身体が教えてくれ、無理なく実践できちゃうんです

なかなか踏み出せない方は、試しにお家で食事をする前に10分でも15分でも、ヨガをして自分のココロとカラダと向き合ってみましょう。簡単ですが、これだけでもその効果が十分分かるはずですよ!

ライター:nfヨガ指導歴13年目のヨガ・ピラティスインストラクター。自身の練習はアシュタンガヴィンヤサヨガを主としながら、指導は若い方からシニア層まで年齢性別問わず様々なクラスを持つ。スタジオ経営やヨガ指導者育成を経て、現在はフリーランスで活動中。


1 thought on “ヨガでお腹痩せ!下っ腹ぽっこり解消する方法をヨガ講師が徹底解説”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です