日本全国のヨガ・ピラティス費用比較まとめサイト

ヨガとストレッチの違いとは?それぞれのメリットとデメリット

ヨガとストレッチ違い
最近ヨガをする方も増え、筋肉をしっかり動かすハード系から瞑想が中心のものまで街中でさまざまなタイプのヨガスタジオを見かけることが多くなりました。また、子供の頃から運動前には、軽く準備運動をするなどストレッチをされた経験がある方もいるかと思います。
このヨガとストレッチには多くの共通点や、行うことで得られるメリットとデメリットがあります。ヨガもストレッチも体をゆっくりと動かし、筋肉を優しく伸ばすようなイメージがありますが、この二つには筋肉の緊張をゆるめること以外にどのような効能があるのかまとめてみました。

こちらの記事も良く見られていますヨガの効果|ヨガを始める前に知っておきたい3つの重要事項とは? これからヨガをやってみたいと思う全ての女性・男性に向けて「知っておきたい...続きを読む

ヨガとストレッチの違い

似たようなヨガとストレットの二つの特徴と違い、それぞれを行う上でのメリットとデメリットについて詳しくまとめてみました。両者の大きな違いは、ヨガは心のマネージメントを主としており、ストレッチは体そのもの筋肉に焦点を向けていることです。

ヨガの特徴

ヨガの写真ヨガを行う最大の目的は、瞑想などを織り交ぜながら、ざわついた心を安らかにすることにあります。なぜポーズを行うのかというと、凝り固まった筋肉をほぐし、肉体からまずはリラックスをさせていくためです。体を休めるもう一つの方法として、呼吸を整えることもとても重要です。浅い呼吸をしている時は精神と筋肉どちらも緊張状態にあり、落ち着いている時はゆったりとした呼吸になっています。
意外に思われるかもしれませんが心臓の動きが制御できないように、人はほとんどの筋肉を自ら制御することはできません。落ち着きたいと思っていても意識的に落ち着くのは思っている以上に難しいことです。
ここで大切なのは、コントロール可能な呼吸を調整することにあります。ヨガは、緊張や疲れなどで浅い呼吸になっている時こそ、あえてゆっくりとした呼吸に意識することで、強制的にリラックスしている状態へと導く効果があります。
また、ヨガと一緒に瞑想を行うことがあるのも、心身の静寂を取り戻すことに効果的だからです。ヨガは、日々変化する心の変化をどのように自己管理していくかということに重きを置いています。

ストレッチの特徴

ストレッチの写真ストレットを行う目的は、硬くなったり縮んだ筋肉を伸ばし、筋肉を柔らかくすることにあります。ストレッチは筋肉を緩めることで、関節などの可動域を広げる助けにもなります。また多くの方が実践しているストレッチとして、スポーツを行う前に取り入れ、怪我の予防に役立てていることが挙げられます。
また、ストレッチ中に呼吸を止めないように注意しましょう。呼吸ができなくなるような無理な姿勢は筋肉を痛める危険があります。ゆっくりとした深い呼吸のまま動かせる範囲のポーズを組み合わせるのが効果的です。
このようにストレッチは、緊張している筋肉を緩める効果が期待できます。

ヨガのメリットとデメリットとは?

ヨガは、DVDやヨガスタジオで手軽に行えることや、実践している方も増えてきていますので、情報収集もしやすく自宅でも簡単に行えることがメリットといえます。デメリットは、ホットや常温などの室温の設定、さまざまな流派や運動量が細かくレベル分けされており、初めての方やビギナーの方には分かりにくい場合があります。
例えば、自分にあっていないクラスに参加してしまうと、ポーズが辛すぎたり、逆に簡単なポーズばかりで物足りなかったり、満足のできない結果になりますので、事前の確認が重要です。瞑想を取り入れているかどうかは、ヨガスタジオやプログラムによって変わります。

ストレッチのメリットとデメリットとは?

ストレッチもヨガと同様に書籍やDVD、ストレッチ専門のスタジオで気軽に行うことができるのがメリットといえます。また、学生の頃にスポーツを行っていた方は、ある適度ストレッチの知識があり、より実践しやすいかと思います。
ただし、運動経験が少ない方やしばらくスポーツから遠ざかっている方は、自己流で無理にストレッチを行うことで筋肉を痛めることもあります。ストレッチは無理をせずに行うことが大事です。
ストレッチを自宅で行う場合には、適度な加減で行うようにします。また、体が冷え切った状態のままストレッチを行うと逆に筋肉を痛める可能性があります。自己判断の誤りによって、筋肉系を怪我する可能性がある点が注意点と言えます。

ヨガとストレッチの共通点

ヨガとストレッチは、違いばかりはでなく共通点もいくつかあります。まず第一に呼吸に意識を向けることが大切です。細かいことをいうと、ヨガでは、吸う息と吐く息がポーズの動作によって異なりますが、ストレッチは呼吸を止めないことを意識し自然に呼吸を続けながら運動を行います。
次にヨガとストレッチ、どちらも無理をしてはいけないことがあげられます。どちらも自分の限界を超えて無理をすると、筋肉や関節などを痛める原因になりますので注意が必要です。
ヨガやストレッチをスタジオで取り組むのであれば、インストラクターの指示に従いポーズを取り、自宅で行う場合には呼吸とポーズに意識を向けながら行い、もしポーズ中に筋肉などに痛みが出た場合には、一旦やめて様子をみるようにします。あわせて、瞑想は自宅でも簡単に行えるので、ぜひやってみましょう。
最後に、ヨガとストレッチは呼吸だけでなく、ポーズや姿勢に意識を集中することも同じく大切です。
ヨガであれば目線や指先、土台である下半身の安定とポーズの姿勢にフォーカスし、ストレッチであれば行っている運動がどこの部位に効いているのか筋肉に意識を向けることで、よい高い効果が期待できるようになります。

ヨガとストレッチの効果的な選び方

ヨガとストレッチには、いずれも緊張した筋肉を緩和させる働きがあり、筋肉を緩めることでリラックス効果も期待できます。では、ダイエットやリラックスを目的に行うには、ヨガとストレッチのどちらを選択すべきか見ていきましょう。

ダイエット目的で選ぶなら?

脂肪燃焼やむくみ予防など、痩せることが目的なら、ヨガがおすすめです。ヨガには大きく分けて、運動量が多く筋肉にやや負担をかけるパワー系のポーズが中心のクラスと、瞑想を活用しながら比較的ゆったりポーズを取るリラックス系のクラスの2種類があります。
このうちのパワー系のポーズが中心のヨガのクラスを選択すると運動量も多く、プログラムされているポーズも難易度が高めに設定されており、レッスン終了後には、大量の汗と心地よい筋肉疲労が体感できます。筋トレ要素も強く、消費カロリーも高いのでダイエットにとても向いています。やりすぎると筋肉痛が出ますので、注意してくださいね。
また、むくみを解消したい方には、さらに汗をかくホットヨガでパワー系のポーズが中心のクラスを選択するのか効果的です。

人気のあるヨガスタジオ3選

ヨガ
ホットヨガのカルド
ヨガプラス

寝る前のリラックス目的で選ぶなら?

硬く萎縮した筋肉をほぐすという点では、ヨガもストレッチもどちらも効果があります。ヨガは、瞑想を含めたプログラム全体を通して全身の筋肉がほぐれるように設計されています。逆に、寝る前や隙間の短時間に体をほぐしたい方は、ストレッチがおすすめです。
さらに、お風呂上がりなどの体が温まった状態で気になる部位を重点的にストレッチすることで高いリラックス効果が期待できます。体をほぐしたうえで眠りにつくことで、心地よく眠りに入ることができます。

ヨガとストレッチの違いについてのまとめ

ヨガもストレッチも決められたポーズを行うことで筋肉の柔軟性を高め、リラックス効果が期待できることが分かりました。ただ、ヨガはまだまだ女性が行うイメージが強く、実際にホットヨガなどは女性専用となっている場合も多くあります。ヨガはチャレンジしにくいと感じる男性は、男性も参加可能なヨガスタジオを探すか、ストレッチから始めてみるのもよいかもしれません。
最後に、筋トレ要素もありしっかりと動くポーズに取り組みたい方や瞑想を活用したい方はヨガを選択し、お風呂上がりの寝る前のちょっとした時間に体を伸ばしたい方はストレッチがおすすめです。目的に合わせて上手く両方を組み合わせていくのも上手な活用方法ですよ。

ライター:Yokyoyoga-price編集長、ヨガに関する記事の企画やSEO、サイトの運営全般を担当


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です